人気ブログランキング |
Whims & Caprices
jdeepblue.exblog.jp
Top | Logout
■ IELTS(アイエルツ)受験
2008年 01月 08日 |
今年からイギリスで新しい入国管理制度が導入されるらしい。
新たな制度では、英国への移住者への就労ビザ発給にあたり一定レベルの英語能力要件が課されるとのこと。具体的には、企業からの派遣社員等については IELTS(アイエルツ)という英語能力試験において最低でも 5.5程度のスコアをとることが求められるらしい。これまでTOEFLやTOEICといった試験は何回か受けたことがあるが、IELTSというのは初めて聞く名前である。インターネットで調べたところ、英語能力試験としてはメジャーになりつつあるようであるが、5.5というスコアがどの程度のレベルなのか見当もつかない。(TOEICなら700程度、TOEFLなら525程度、英検なら準1級程度との情報もある。)
会社で社員の海外への派遣等の企画に携わる者として、どんなテストなのか体験してみる必要があるということで、今週末(1月12日と13日の2日間)に実施される試験を受けてみることにした。全く特別な勉強もせず、私のレベルの者が自然体で試験に臨んでどれだけのスコアがとれるか試してみるというのが目的である。とはいっても、IELTSには、TOEFLやTOEICには無い(少なくとも、私が前回受けた時、何年前か忘れたが、には無かった)ライティングテストと1対1の面接によるスピーキングテストが含まれている。その場で戸惑わないように、送られてきた資料を見てどのような形式の問題が出されるのかだけ頭にたたきこむ。が、だんだん試験日が近づくと、久しぶりの試験なので、正直緊張してくる。
e0124921_2204771.jpg

by j_deepblue2000 | 2008-01-08 22:00 | 仕事 | Comments(2) |
Commented by blue-18jp at 2008-01-09 22:57
うお!!すっごい英語が!!!
うわのそらさん堪能ですね!!あこがれるなぁ~~((+_+))
うらやましいです~~。(〃_ _)
今年はペラペラになるかなぁ~~((+_+))
Commented by j_deepblue2000 at 2008-01-10 13:08
恥ずかしながら、仕事で使う言語は日本語と英語が半分ずつってところなので、海外の取引先とのコミュニケーションがとれる程度には使えるという感じです。結果はマル秘ですが、テストの感想はレポートしますね。
ところで、ペラペラになることを目指すmanaさんも、英語を使うお仕事か何かしてらっしゃるんですか?写真に入れる文字も、かっこいい英単語が並ぶことが多いですよね。
<< 虎ノ門金刀比羅宮 ページトップ 朝食 >>
XML | ATOM

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ
Three Lines Skin by Sun&Moon