Whims & Caprices
jdeepblue.exblog.jp
Top | Logout
タグ:GR Digital Ⅱ ( 138 ) タグの人気記事
|
|
2011年 08月 21日 |
R0011128

3年前の2008年11月に撮った写真です。
Adobeの Lightroom 3を導入したので
改めてRAW現像をやり直してみました。

これまで使っていたPhotoshop Elementsと
比べると、こちらの方がはるかに高機能で
素人にも簡単に使える気がします。


[PR]
2010年 07月 16日 |
R0013832
バスの運転手の話によれば、
ヨセミテは7月が最も観光客の多い時期だそうです。と同時に、
この時期は乾燥期で、例年は水が干上がってしまうそうです。
ただし今年は、遅い時期まで雨や雪が多かったおかげで、
ヨセミテ名物の滝や川には水が豊富で、
「あなたたちはかなりラッキー」だと言われました。

R0013858
日帰りツアーということで、帰りのバスが出発するまでの自由時間は3時間ほど。
そんな時間じゃ全然足りないと思っていましたが、一通りザッと観光するだけなら
必要十分な時間でした。

R0013790
ホテルに着いたのは夜の11時頃。
明日はやっと日本へ帰れる日です。
ビールが切れていたけど、どうしても飲みたくなり、
こんな時間でも空いているお店を求めて外へ買い出しに出て、
2週間のアメリカ出張の締めくくりとしたのでした。

ついでに、今回の出張から帰った後、今回持参したデジカメ:GRD2は
ワイコンレンズなどの付属品をオマケに付けてネットで売却してしまいました。
長い間お世話になりました、ありがとう・・・


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-16 14:00 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 16日 |
R0013771
ここがヨセミテ渓谷の入り口ともいえる場所、
そしてこの景色を、ヨセミテ・トンネルビューというのだそうです。
トンネル(Wawona Tunnel)を出たところにある展望台からの眺望だからかな?
遠くに大きな滝と、正面奥にはハーフドームが見えます。
魚眼レンズで撮ったように見えますが、こういう地形なのです。

ものすごく暑い日(40度近く)でしたが、この景色で心が洗われる気がしました。

R0013842
これがハーフドーム、大昔、氷河によって岩の半分が削り取られたんだそうです。


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-16 13:00 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 16日 |
R0013746
ホテルのロビーにて、ヨセミテツアーのバスがピックアップしてくれるのを待っています。
今回 "Yosemite" の正しい発音を初めて知りましたが、アメリカ人に『ヨセミテ』と言ってもまず通じません。
アメリカ人の発音をあえてカタカナで表現すると、
『ヨッミディ-』のような感じになります。

R0013762
こちらはヨセミテに向かうバスの車窓から。
サンフランシスコからヨセミテまで片道約6時間の旅ですが、
行くまではご覧のとおり果てしない原野が続きます。


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-16 06:00 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 15日 |
R0013714
遠くに見えるのがゴールデンゲートブリッジです。
あと20~30分歩けば絶好の撮影スポットに行けるけど、
ホテルからここまで、ずいぶん歩いてきたので、
これ以上近づく気力がなく、ここで断念。
ズーム機能付きのカメラなら、ここからでももう少し大写しにできるのに・・・

R0013717
こちらも遠くに見えるのがアルカトラズ島です。
なんだかよく分からないですね。

なお、この桟橋は潮風でコンクリートがぼろぼろになって、
左半分が立ち入り禁止になっています。


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-15 16:30 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 15日 |
R0013678
サンフランシスコといえば、ゴールデンゲートブリッジを見ずに帰るわけにはいくまい、
ということで、かなり距離があるが海に向かって歩いてみることにした。

しかし、サンフランシスコは坂の街だということをすっかり忘れていた。
ご覧のとおり、すごくきつい勾配なので、ホテルでもらった地図を見ながら、
なるべく平坦そうな道を選び、歩く道を変えてみたが、これが大ハズレ。
運悪く、最もきつい坂を選んでしまったようだった。

R0013691
人通りの少ない道路だけど、前を4人組の女の子たちが、私と同じ方向に歩いている。
フランス語を話しているので、カナダから来たのだろうか、と勝手に推測してみる。
いずれにしても、私と同じく、選ぶ道を間違えたようだ。
その彼女たちが、突然道の真ん中で足を止めた。
指さす方を見ると、海に、どこかで見たような形の島が浮いている。
そういえば、サンフランシスコには有名なアルカトラズ島があったことを思い出した。


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-15 15:00 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 15日 |
R0013662
はじめて来たサンフランシスコ。
予定していた仕事がキャンセルになったので、ここでの公式な予定はなくなった。
ということで、明日は終日ヨセミテ・ツアーに行く予定を入れたので、
市内を観光するなら今日しかない。

R0013667

R0013665
ここはユニオン・スクエアの近く、
名物のケーブルカーを人力で方向転換させる装置。


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-15 14:00 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 14日 |
R0013612
この日、ミーティングは午前中で終了し、シカゴでの公式行事はすべて終了した。
明日はサンフランシスコへ移動するので、最後にシカゴの街を歩いてみた。
すると平日のお昼なのに、またまたジャズのライブに出くわした。
音楽が流れていると、ついついそちらに足が向いてしまう。
昨日とは違って、こちらはかなり本格的なジャズ・ボーカル。

おもわず踊り出すカップルも・・・

R0013618

R0013606

[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-14 13:00 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 13日 |
R0013573
ミシガン湖畔からホテルへ戻る途中、心地よいジャズが聞こえてきた。
音楽に誘われて、Museum of Contemporary Art
と書いてある敷地内に入っていくと、これからジャズ・ライブが始まるようである。
まだ開演までは時間があるらしく、用意された席についている人の数は疎らで、
スピーカーから流れているのはPCの中のMP3かなんかの音楽だろうか。

隣りにいたおばあちゃんに、「何時から演奏が始まるか知ってる?」と聞くと、
「5時半からよ。」と気持ちよく教えてくれた。
まだ30分近くあるが、どうせ閑なのでのんびり待つことにした。
それがきっかけで「どこからきたの?」「日本です。この近くに住んでるんですか?」
というような会話が始まった。アメリカの人は話好きの人が多い。
「最近評判が良くないけど、トヨタはとっても素晴らしい会社だと思っていたのにねぇ」、
「僕もそう思っていたんですけどねぇ」というような会話にまで発展し、
周りにいたお年寄り仲間に、「この人日本から来たのよ。」と次々と紹介してしてくれる。

そんなに日本人、珍しくないだろうに・・・と思ったけど、
確かにニューヨークなんかに比べれば、はるかに東洋人の数は少ない。

R0013556


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-13 17:30 | U.S.A. | Comments(0) |
2010年 07月 13日 |
R0013521_edited-1
今日のミーティングは、今回の出張の目玉ともいうべき大事なミーティング。
帰りがけに、「今晩はどうするの?」と聞かれ、「日本への報告書を書くよ」と答えると、
「もったいないから、ミシガン湖のほとりでもあるいてみれば」とのこと。
素直に歩いてみた。
そういえば、昨晩のニュースで、ミシガン湖の遊泳が解禁になったと言ってたなぁ。
それにしても、海のような湖です。

R0013524


[PR]
by j_deepblue2000 | 2010-07-13 16:00 | U.S.A. | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Three Lines Skin by Sun&Moon