Whims & Caprices
jdeepblue.exblog.jp
Top | Logout
カテゴリ:Nora( 6 )
|
|
2013年 06月 23日 |
P1010667

久しぶりにNoraに出会いました。
この場所で最初にNoraに出会ったのは2年近く前です。

"何度も探しに来て会えなかったんで
心配してたんだよ。元気そうだね。"

ここはNoraたちの一族が住む池です。
P1010658

SDIM0749

[PR]
by j_deepblue2000 | 2013-06-23 08:30 | Nora | Comments(0) |
2012年 01月 14日 |
DSC01067

前回Noraの様子を見に行ったとき、
軽乗用車に乗って、Noraたちに山盛りのご飯を運んできた
中年の女性に遭遇しました。

「ときどき来られるんですか?」   と声をかけると
「私、毎朝晩来てるんです」   とのこと。

それで安心して、しばらくNoraの様子を見に行っていませんでした。

今日、行ってみると、Noraがひとりで日向ぼっこをしていました。
それが上の写真です。遠くから望遠で撮っているので、
このとき、まだNoraは、私に気がついていません。

もう少し近づいてみると、敵だと思ったのか、排水管の中に隠れるではありませんか。
そうか、北風から逃れるために、今はこの排水管に住んでいるんだ。

今日は、Noraの兄弟たちは1匹も見かけませんでした。
ひとりでも力強く生きていてくれて、ホッとしたよ。
(排水管のセシウムが気になるけどね)

それにしても、最初に会ったころは痩せっぽちのチビだったのに、
ずいぶんたくましく、大きくなったね。

DSC01078




[PR]
by j_deepblue2000 | 2012-01-14 10:30 | Nora | Comments(0) |
2011年 11月 05日 |

P1010147

最近は、私が探さなくても、
いつの間にかNoraの方から私を見つけて近づいてきてくれます。
今日は、クルマが走る道路をどうどうと渡って来ました。

たくましく生きるNoraを、これからも見守っていこうと思います。
ただし、お互いに悲しい思いをしないよう、適度な距離を保ちつつ・・・

P1010154

「もうすぐ冬になるね。」


[PR]
by j_deepblue2000 | 2011-11-05 10:30 | Nora | Comments(0) |
2011年 10月 29日 |
R0010489

やせっぽちのNora。
今朝、また例の公園に行ってみると、
今日はNoraの方から私を見つけてくれて
挨拶をしに来てくれました。

「元気だった? お腹空いてる?」

R0010495

右側がNoraです。
左側は、いつも一緒にいる、
お兄さん?お姉さん?妹?弟?

「仲いいね!また来るね。」

ちなみに左端は、釣りに興じる
知らないおじさんです。



[PR]
by j_deepblue2000 | 2011-10-29 10:00 | Nora | Comments(0) |
2011年 10月 23日 |
DSC00984

あれ以来、とっても気になる存在のNora。
今朝、また、その公園に行ってみました。
兄弟と思われる猫は見つけましたが、
Noraには会うことができませんでした。

「元気にしているだろうか、事故に遭ったりしていないだろうか・・・」

ふと見ると、空の食品トレーが置いてありました。
きっと猫好きの人が他にもいて、ときどき世話をしてくれているのでしょう。
Noraには会えなかったけど、ちょっと安心した瞬間でした。


[PR]
by j_deepblue2000 | 2011-10-23 09:00 | Nora | Comments(0) |
Nora
2011年 10月 09日 |
P1010080

昨日、家内と一緒に近所の農産物直売所にでかけました。
ちょうどお昼どきだったので、お寿司(のり巻きと稲荷寿し)を買って、
隣接する公園の池のほとりのベンチに座って2人で食べていると・・・

P1010101

1歳ぐらいでしょうか。お腹を空かせ、やせ細った1匹の猫が近づいて来るではありませんか。
他に何もないので、お寿司の中に入っていた卵焼きをあげると次から次へ喜んで食べました。
私達が帰るときに、その子は弱々しい声でひと声「にゃー」と鳴きました。
私たち夫婦には「ありがとう、また来てネ」と聞こえました。

翌朝(今朝ですが)起きるとすぐに、栄養バランスの良いキャットフードをたくさん持って、
綺麗な水もペットボトルに入れて、昨日の公園へ行って見ましたが、昨日の場所に
その子はいません。公園中、あちこち探し回りましたが、なかなかその子を
見つけることができません。

諦めて帰ろうかと思ったとき、草の上にポツンと
ひとりで佇んでいるその子を見つけました。
「昨日の卵焼きのおじさんだ」とすぐに分かったようで、
「にゃー」と弱々しく鳴いて近寄ってきます。

やっぱりお腹が空いているのでしょう、キャットフードを用意してきたお皿に開けると
一心不乱にお腹がいっぱいになるまで食べました。

近くにいた兄弟でしょうか、よく似た猫たちが2~3匹集まってきて
その子たちも一緒にキャットフードを食べました。

食べ終えると、その他の猫たちはみんないなくなってしまったのに、
その子だけはビミューな距離を保ちながら私の側に座って、その場を離れようとしません。
それが上の写真です。

P1010104

「それじゃ、また来るね」と言うと、「にゃー」と返事をします。
私には「ありがとう」、「置いてかないで」とか「一緒に連れてって」とも
聞こえました。駐車場の方へ向かうと、後ろからトボトボと
かなり距離をおいて、遠慮がちについてきます。

連れて帰りたい気持ちは山々ですが、我が家にはすでに
2匹の猫がいますので、これ以上は無理です。
クルマに乗る前に振り返ると、遠くの道端に座って
こちらを見ています。
後ろ髪をひかれる思いを絶ち切って、
心を鬼にして、帰って来ました。

「ゴメンネ・・・、忘れないからね・・・、また来週来るからね・・・、元気でね・・・。」


[PR]
by j_deepblue2000 | 2011-10-09 07:30 | Nora | Comments(0) |
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Three Lines Skin by Sun&Moon